講演会

History

国鉄の歴史(9):東京-大阪三時間の可能性

5回にわたり国鉄内部で開かれた、東海道線増強調査会。「新しいことはやらない方が無難」という支配的な風潮に、会長であった島技師長はこう考えました。 今までは国鉄自身で物事を決め過ぎていた。世間全体で判断しなければならない。