From the Memories of
Harvey Girls

Civilized the Wild West

COQTEZ BLOG へようこそ

Welcome to COQTEZ Blog


COQTEZ BLOG へようこそいらっしゃいました。このブログを書かせていただいております、髙橋 竜と申します。

2017年に開設したこの個人ブログサイトは、今年で5年になり、おかげさまで多くの方々に訪問していただいており感謝しております。

国鉄(日本国有鉄道)の歴史とストーリーを軸にした投稿が続いてからしばらく新しい投稿がございませんでしたが、今後鉄道を舞台にした、心温まるいろいろなストーリーをご紹介していきたいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

2022年11月4日
髙橋 竜

国鉄の歴史

HISTORY OF JNR

1949年から1987年までの間、公共企業体として存在した日本国有鉄道。その約38年間の歴史の中でひときわ輝いている出来事は、世界初の高速鉄道ー東海道新幹線ーの誕生と言えるでしょう。

1964年のその開通以前の世界では、鉄道が時速200kmを超える高速で営業運転することなどできるわけがないというのが当たり前の認識でした。

その”常識”を破り、国家レベルの公共企業体であるがゆえの様々な抵抗や障害を果敢に乗り越えたプロジェクトチームは、指揮を執る十河信二総裁の「自分は高齢で先は長くないが、これからの世代のために夢を与えたい」という愛と情熱に突き動かされ、日本中が焦土と化した太平洋戦争終結後わずか19年で世界中が驚く世界一の高速鉄道を現実のものとしたのです。

プロローグ(国鉄は収益性の高い公共企業体だった)とエピローグを含む全25話で構成されるストーリーをぜひお読みになり、21世紀の今を生きるわたしたちに託された思いを知ってください。

最新投稿
LATEST POSTS

特集:
鉄道開業150周年

150th anniversary of railway opening in Japan

毎年10月14日は「鉄道の日」。それは、明治5(1872)年のその日に日本で初めての旅客鉄道が新橋(後の汐留貨物駅、現在は廃止)と横浜(現在のJR根岸線桜木町駅)を結ぶ路線で開通したことに由来します。この鉄道建設は、日本の近代化を進めるために明治政府の大隈重信と伊藤博文が中心となって発案されて推し進められた、という話は多くの人の知るところとなっています。しかし実は、ある一人の人物がそもそものきっかけを作っていたのをご存じですか?

COQTEZBrand

その始まりは 2017年、福岡市貝塚公園に保存されている国鉄ブルートレイン車両「ナハネフ22 1007」修復のための費用を調達するために企画したクラウドファンディングプロジェクトの返礼品でした。
ブランド商品の売上は、一部修復基金として拠出されています。

ナハネフ22 1007
修復プロジェクト委員会

Nahanefu22 1007 Restoration Project Committee

福岡市貝塚公園に保存されている、国鉄20系客車 ナハネフ22 1007 を維持/修復するために設立された任意団体です。
最新情報をこちらの Facebook ページより随時発信しております。