From Memories of
Japanese National Railways

If the part of light in age of high economic growth period in Showa 30’s produced extraordinary rail cars at that time, we will take part of bringing light to this age in 21st century with our products inspired by the love and passion within legendary leaders of JNR to maximum extent for the generations to come, so that world will become a better place for our children.

人気のある記事

最近の投稿

国鉄の歴史

History of JNR (Japanese National Railways)

1

国鉄は収益性の高い公共企業体だった

25兆円もの債務を抱えた末に分割民営化された国鉄は、実は収益性の高い公共企業体でした。

詳しく見る

2

国鉄の歴史(1):国鉄の誕生

日本国有鉄道(国鉄)の誕生。その歴史は、波乱の幕開けでした。

詳しく見る

3

国鉄の歴史(2):相次ぐ大事故

不穏な門出となった国鉄は、その後も多発する重大事故により総裁が辞任する事態が続きます。

詳しく見る

4

国鉄の歴史(3):十河信二総裁の登場

国鉄の大改革を成し遂げられる人は誰か。当時の運輸大臣で後に第66代首相となった三木武夫が目を付けたのは、この方でした。

詳しく見る

5

国鉄の歴史(4):夢の超特急を作る

71歳で第4代国鉄総裁への就任を要請された十河信二には、ずっと心に秘めていたある夢がありました。

詳しく見る

6

国鉄の歴史(5):「君たちに夢を」

国鉄総裁就任の要請を受けた十河信二は、「広軌新幹線の建設」の夢がその口まで出かかっていました。しかし、いきなりその熱い思いをぶつけるのはリスクがありました。

詳しく見る

7

国鉄の歴史(6):島秀雄技師長の登場

十河総裁には、優秀な技術者が必要でした。十河総裁にとって、その大役を担うことができると確信できるのはこの人を置いてほかにいませんでした。

詳しく見る

8

国鉄の歴史(7):春雷子

十河総裁は、よく怒鳴りました。怒ると「実際にムチで打たれるような迫力」があり、その部屋にいる全員が思わず席から立ち上がってしまうほどのド迫力でした。

詳しく見る

9

国鉄の歴史(8):国鉄内部の攻防

十河総裁は大声でこう言いました。「君たちは技術に忠実でない。技術的良心を発揮して、技術的信念に基づいて検討して欲しい」

詳しく見る

10

国鉄の歴史(9):東京-大阪三時間の可能性

東京・銀座の山葉ホールで鉄道技術研究所創立50周年を記念した講演会が企画されました。そのタイトルは、「超特急列車、東京―大阪三時間への可能性」。

詳しく見る

11

国鉄の歴史(10):有法子

予想以上の大成功を収めた山葉ホールでの講演会でしたが、なぜか翌日の十河総裁は不機嫌でした。

詳しく見る

12

国鉄の歴史(11):幹線調査室

昭和32(1957)年7月29日、国鉄に「幹線調査室」が設置されます。それは、運輸省幹線調査会における議論を円滑に進めるための事務局としての位置付けでした。

詳しく見る

13

国鉄の歴史(12):新幹線建設費

答申に先立ち大石室長から説明を受けた島技師長は、十河総裁に3,000億円という額を提示しました。それを聞いた総裁はこう命じます。「これじゃ高すぎる。半分にしろ」

詳しく見る

14

国鉄の歴史(13):世界銀行

十河総裁の「かならず国民のためになる」という強い信念のもと通過した新幹線建設予算ですが、絶対に足りなくなることは明らかでした。そこで、ある秘策が浮上します。

詳しく見る

15

国鉄の歴史(14):東海道新幹線建設

昭和34(1959)年4月20日、静岡県の新丹那トンネル(熱海-函南間)の熱海口で、関係者80名ほどが集まり新幹線起工式が行われました。

詳しく見る

16

国鉄の歴史(15):鴨宮実験線

昭和37(1962)年6月23日、後に東海道新幹線の一部となる鴨宮-綾瀬間の約32キロの区間が完成し、数々のテストが行われました。「鴨宮実験線」の誕生です。

詳しく見る

17

国鉄の歴史(16):十河総裁辞任

十河総裁が奇跡の再任を決め、幾多の障害を乗り越えながら夢の超特急建設が進んでいた国鉄でしたが、大事件が起こります。

詳しく見る

18

国鉄の歴史(17):東海道新幹線開業

「東海道新幹線は、世界一だ。世界一の鉄道をつくるのは、君たち現場の諸君だ。みんな、これからも誇りをもって国鉄を支えてくれ!オレもいっしょに夢を追い続ける!」

詳しく見る

19

国鉄の歴史(18):ヤング・ソルジャー

小説の中の主人公は、経団連会長に国鉄総裁になることを口説かれ、迷いました。その日の真夜中、モーツアルトの「レクイエム」を聴いて総裁を引き受けることを決意します。

詳しく見る

20

国鉄の歴史(19):粗にして野だが卑ではない

「君は道楽息子(新幹線)を残して去って行くが、今後どんなに悩まされることか」-裏腹に、開業後の東海道新幹線は安全を保たれ、国鉄屈指の黒字路線となって行きます。

詳しく見る

21

国鉄の歴史(20):巨額債務のはじまり

十河総裁なき後の国鉄は、昭和39(1964)年度決算から赤字へと転落し、その後二度と黒字になることはありませんでした。

詳しく見る

22

国鉄の歴史(21):労使対立激化

その頃、労使対立(一般職員と管理職との間の対立)は一層激しくなりました。現場では、一般職員が暴力をふるって管理職を吊し上げるという険悪な状況になってゆきます。

詳しく見る

23

国鉄の歴史(22):分割民営化への道

昭和40年代、ストライキが頻発して遅れや運休が頻発した乗客の怒りが頂点に達し、ついに暴動にまで発展してしまいます。

詳しく見る

24

国鉄の歴史(終):老兵の消えて跡なき夏野かな

昭和38(1963)年5月17日。国鉄総裁として最後の記者会見で十河は一句詠みました。「老兵の消えてあとなき夏野かな」

詳しく見る

25

国鉄の歴史(エピローグ):人類の未知への挑戦

日本における鉄道と宇宙開発。それぞれの分野はまったく関係ないと思われるかもしれませんが、実はある一人の人物を通して深いかかわりがあるのです。

詳しく見る

特集

Features

コラム:「ブルートレインの父」十河信二総裁(1/2)

コラム:「ブルートレインの父」十河信二総裁(2/2)

自己紹介

Self Introduction

名前
髙橋 竜 (Ryu Takahashi)
プロフィール
横浜市生まれ、ロサンゼルス育ちの44歳。法政大学経済学部卒。東京都在住。制御系SE、外資系半導体FAE/TAMを経て、現在は株式会社エムエイチエス代表取締役社長。
趣味
趣味はもちろん鉄道(乗る、写真、模型など何でも)。大好きな国鉄のプロダクトデザインへの主観的な印象と、持続可能な企業の経営という両方の視点から電車を愛しています。

お問い合わせ

Inquiry