COQTEZBrand

その始まりは 2017年、福岡市貝塚公園に保存されている国鉄ブルートレイン車両「ナハネフ22 1007」修復のための費用を調達するために企画したクラウドファンディングプロジェクトの返礼品でした。
ブランド商品の売上は、一部修復基金として拠出されています。

髙橋 竜(たかはし りゅう) 横浜市生まれ、ロサンゼルス育ちの49歳。法政大学経済学部卒。所属は、某外資系IT企業と COQTEZ ブランドをプロデュースする合同会社ビイエルテイ 代表。ボランティアとして、福岡市に保存されている国鉄ブルートレイン車両「ナハネフ22 1007」の保存修復活動を2009年より継続中(任意団体 ナハネフ22 1007修復プロジェクト委員会 会長)。横浜市在住。趣味は鉄道(メインはやはり国鉄)、料理、ドラム。愛が込められたプロダクトデザインとしての国鉄車両とあらゆる意味での持続可能性が高い経営という組み合わせの実現を夢見ています。

COQTEZ BLOG
by Ryu Takahashi