石田

国鉄の歴史(19):粗にして野だが卑ではない

「粗にして野だが卑ではない」 石田総裁が就任時に国会で語った言葉です。これは、自分は粗野な性格ではあるものの卑しい性格はしていない、ということを意味していました。 19-1.新幹線の安全性への疑念 君は道楽息子(新幹線)を残して去って行くが、今後どんなに悩まされることか。 石田総裁は十河前総裁のことを高く評価していましたが、引き継ぎの場で新幹線の安全性に疑問を抱き、苦笑しながらこう言いました。 開業前に皇族の秩父宮様が新幹線に試乗なさる際にも、「僕は新幹線なんて嫌いなんだよ。だいたい、試運転だというのに、高貴な方をお乗せするのは危険じゃないか。」と言って島前技師長を憤然とさせる一幕もありました。 19-2.新幹線の成功 石田総裁の考えとは裏腹に、開業後の東海道新幹線は安全を保たれ、国鉄屈指の黒字路線となって行きます。 営業日数約1,000日で乗客1億人、3,000日で5億人を達成。平成11(1999)年までには、東北、上越、長野新幹線も合わせて延べ56億人もの利用者を記録しました。日本の高度経済成長は、新幹線と切り離して語ることはできません。そして、経済だけでなくその後の日本人のライフスタイルさえ変えてしまったと言っても過言ではないでしょう。 19-3.二万キロ線路づたいに春の雷 雨の日も風の日も国鉄を守る四十五万の従業員を、全国くまなくまわってねぎらいたい。 そう言って、十河信二は総裁退任後、45万人の国鉄職員にお礼行脚するために日本全国を巡り、職員たちに 諸君が中心になって、これからも国鉄を支えてください。 と激励しました。前総裁を乗せた急行列車はそれぞれの通過駅を最徐行し、駅職員や家族が総出で 「がんばれ!」 「日本一!」 と叫びながら手を振り続けました。 すべての停車駅で大歓迎を受け、階段の上り下りは大変だからと下り列車を急遽上りのホームに入れるという鉄道の現場では基本絶対にやらないことまでした駅もありました。 人事が刷新した本社の幹部ににらまれることを承知の上で前総裁のために大宴会を催し、左遷された現場長もいました。 COQTEZ Shop @ Amazon   国鉄の歴史(20):巨額債務のはじまり   アイキャッチ画像:「「粗にして野だが卑ではない」石田禮介の生涯」 城山三郎著 文春文庫 表紙より 「十河信二」 十河信二傅刊行会 「新幹線を作った男 伝説のエンジニア・島秀雄物語」 髙橋団吉著 PHP文庫 「新幹線を作った男 島秀雄物語」 髙橋団吉著 小学館 「国鉄の基礎知識 敗戦から解体まで」 所澤秀樹著 創元社 「夢の超特急ひかり号が走った 十河信二伝」 つだゆみ著 西日本出版社 「「夢の超特急」、走る!新幹線を作った男たち」 碇義朗著 文春文庫

国鉄の歴史(18):ヤング・ソルジャー

昭和55(1980)年に真木洋二が書いた、十河の後を継いだ国鉄総裁が主人公の「ヤング・ソルジャー」(日本経済新聞社刊)という小説があります。登場人物は仮名ではありますが、恐らく史実にかなり近いものと思われます。 18-1.石田禮助 第5代国鉄総裁 小説の中の主人公は、経団連会長に国鉄総裁になることを口説かれ、迷いました。その日の真夜中、モーツアルトの「レクイエム」を聴いて総裁を引き受けることを決意します。 2期6年に渡って国鉄監査委員を務め、2期目は監査委員長であった元三井物産の商社マン、石田禮助は昭和38(1963)年5月20日、十河の後を継いで第5代国鉄総裁に就任しました。経営健全化のために民間から初めて起用された総裁でした。 18-2.国鉄諮問委員会 国鉄諮問委員会とは、十河前総裁が「業務の運営に広く国民の声を反映させるため、総裁の諮問に応じて、国鉄の業務に関する重要事項を調査審議する」ために設置したものです。松下幸之助など、一流の財界人や評論家が委員となっていました。十河前総裁は失脚する前の年に、今後の国鉄経営の在り方について、今後の輸送需要の増大のために毎年膨大な借入金をしなければならないが、それを続けると数年後には財政が完全破綻してしまうことを見抜き、どうすれば良いかこの委員会に問いかけていました。 委員会はそれに対する答申として、「公共負担は政府が補償すべき」、「企業性の発揮できる体制をつくるべき」、「多額の借入金は”政府出資”とすること」、「"新線建設"という儲からない線の建設はやめるべき」といった内容を『国鉄経営の在り方』にまとめました。 総裁交代が決定される直前のこの委員会の席上、石田は出席者の中でただ一人十河総裁の東海道新幹線予算超過をとがめ、答申に反対しました。 しかし、十河前総裁は「石田君は財界のベテラン、堪能の士だ。私が力及ばずできなかったことも、新総裁が必ず成し遂げてくれるだろう」と言って石田総裁に期待しました。 18-3.鶴見事故 石田総裁就任から約半年後の昭和38(1963)年11月9日21時50分。東海道線鶴見~新子安間で、貨物列車の貨車が脱線し、そこに通りかかった上下2本の電車が衝突。死者161人、重軽傷者120人を出す大事故が起きてしまいます。 石田総裁はこの事故以降、給料を返上し、月にブランデー1本だけ受け取ることに決めます。 COQTEZ Shop @ Amazon   国鉄の歴史(19):粗にして野だが卑ではない   アイキャッチ画像: 「国鉄の基礎知識 敗戦から解体まで」 所澤秀樹著 創元社 p.113 「十河信二」 十河信二傅刊行会 「新幹線を作った男 伝説のエンジニア・島秀雄物語」 髙橋団吉著 PHP文庫 「新幹線を作った男 島秀雄物語」 髙橋団吉著 小学館 「国鉄の基礎知識 敗戦から解体まで」 所澤秀樹著 創元社

Recent posts

Popular categories