夜行列車

コラム:ブルートレイン設計者が語る夜行寝台列車の未来

0系新幹線の車体設計で有名な星晃氏は、元祖「ブルートレイン」20系客車の設計にも関わられましたが、ご存命中にすでに縮小傾向にあった夜行寝台列車の行く末を案じておられました。今回は鉄道専門誌の記事の中から、盟友卯之木十三氏のお話なども交えてご紹介したいと思います。 1.時代の生活水準に応じた”ゆとり”を 新”あさかぜ”が営業を開始したのは、昭和33年10月1日でした。それから約10年後、私が客車の設計とは離れていた頃、全く別の用事でヨーロッパに参りました。でも昔とったきねずかと申しましょうか、新しい客車の構造が見たくて、いろいろな列車に乗って回りました。決して日本の鉄道が劣っているとは思いません。ただ、客車に乗って見た時、お客様1人あたりのスペースが大きいことだけは、ヨーロッパの鉄道の方が優れていると思います。そしてそれこそ、サービスの最も大切なことの一つかも知れません。 日本では、この狭い場所に如何にして押し込むかを考えているようにも見えます。狭いスペースにお客様を詰め込むために、人間工学を利用したようなことはなかったかと反省しております。国民が食うや食わずの生活をしている時は、スペースは生存の場であればよいわけでしたが、文明が向上すれば、これは生活の場でなければなりません。そしてこの両者の差を”ゆとり”と考えるならば、その時代の生活水準に応じた”ゆとり”を客車のスペースにも与えるように人間工学を利用してゆかねばならないと思います。 ー「20系客車の登場まで」 卯之木十三 鉄道ファン 1978年1月号 p.46 By spaceaero2 - 投稿者自身による作品 広島駅, CC 表示 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10436020 2.ビジネスホテルと価格で競争しなければならない しかしながら、前述の卯之木氏の記事から4年後、当時の国鉄副技師長であった加藤亮氏は夜行列車をレジャー型とビジネス型に分類した上でこのように語られました。 ビジネス型寝台車 このタイプは乗車時間が比較的短く、かつビジネスホテルと価格で競争しなければならないから、シンプルでかつ1両あたりの寝台数を多くしなければならない。寝台数を確保するためには、ビジネスホテルに採用されているカプセル方式なども、狭い空間を活用しなければならない寝台車に応用できそうである。 ー「寝台車の将来像」 加藤 亮 鉄道ジャーナル 1982年7月号 p.30-34 当時の国鉄はすでに多額の累積赤字を抱え込んでいたという背景もあり、「当面収入を上げるための企画に重点をおく」と述べられています。 3.時代に合わせる努力が足りなくなってから凋落が始まった その後、今から12年ほど前の2005年に、星晃氏はインタビューでこう話されました。 旅は急ぐためのものだけではないという街の声も聞く必要があると思いますね。世の中が変わったのは事実ですが、ヨーロッパなどでは寝台列車を新しく作っていますからね。場所にもよると思いますが、最終の飛行機が出た後に乗って、一番の飛行機よりも少し早く着くとか、そういう地点間ではまだまだ使いようがあると思います。いろいろと工夫の余地はあるような気がします。 それと、寝台列車には食堂車を付けて欲しいとも思いますね。楽しく乗れるような列車に考え直してもいいのではないかと。”ちょっと一杯”やれるような空間も必要なのではということです。いろいろと寝台列車について思いを巡らせますと、時代時代に合うようにやってきたわけですが、その努力が足りなくなってから凋落が始まったのだと思います。やはり食堂車をやめていなかったら、寝台列車の凋落はもう少し防げたのではないかという思いです。 -「星 晃氏に伺う20系誕生とその時代」岡田誠一/服部朗宏 鉄道ピクトリアル 2005年7月号 p.21 By Shellparakeet - 投稿者自身による作品, CC0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=33088758 アイキャッチ画像:By 日本語版ウィキペディアのDD51612さん, CC 表示 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=17200318rid=12874827 COQTEZ Shop @...

コラム:3系列の国鉄ブルートレイン

平成27(2015)年8月22日。臨時列車となった札幌発上野行き寝台特急「北斗星」を最後に、昭和33(1958)年10月の東京-博多間を結ぶ寝台特急「あさかぜ」のデビューから始まったブルートレインの歴史の幕がいったん閉じました。 実は、「ブルートレイン」と言っても3つの異なる系列があります。ざっくりと、何がどう違うのでしょうか?特に鉄道に興味がない方でも分かるように、簡単にまとめてみました。 1.20系 昭和33(1958)年に登場。「あさかぜ」形とも呼ばれ、ブルートレインの始祖となった系列です。量産総数は、合計473両。 定期列車として使われたのは昭和61(1986)年までで、平成9(1997)年11月に運転された臨時列車を最後にすべての車両が引退しました。 主な特徴 集中電源 冷房装置などがあり多くの電力が必要とされたため、編成の一両に発電機などを設置して電源車としました。 固定編成 それまでの客車は、異なる形式のものを組み合わせて列車にすることができましたが、20系客車は20系客車のみで組成されることを前提に設計されました。 冷暖房完備 当時としては列車のすべてに空調が行き渡っていること自体が非常に豪華で、「走るホテル」とも呼ばれた理由でもありました。空調設備があるので窓は開かない形となり、結果として走行中の車内が静かになりました。 乗り心地と居住性の良さ 空気バネ台車を採用し、車体も居住空間を最大限確保するために車両限界ぎりぎりまで広げ、インテリアも当時としては珍しい国鉄外部のデザイナーによる設計でモダンなスタイルとなりました。 By spaceaero2 - 投稿者自身による作品 (本人撮影), CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7768306 2.14系 昭和46(1971)年に登場。翌 昭和47(1972)年から東京からの九州行き寝台特急への本格運用が開始されました。量産総数は、合計251両(寝台車)。 主な特徴 分散電源 これが14系客車の最大の特徴で、基本6両単位の1両に車内の照明や空調などに必要な電気を供給するためのディーゼル発電装置を床下に取り付けました。このことで、20系のような専用の「電源車」が必要なくなりました。 先頭車両がすべて貫通扉付き 列車を途中で分割、併合するのを容易にするため、先頭車両にすべて貫通扉が付いたデザインになりました。 寝台幅拡張 寝台の幅が20系の52cmから70cmに広げられました。 By spaceaero2 - 投稿者自身による作品 (本人撮影), CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7768314 3.24系 最後のブルートレインとなった「北斗星」はこの系列です。昭和48(1973)年に登場。国鉄末期の昭和60(1985)年時点での在籍両数は、537両でした。 By PekePON -...

コラム:「ブルートレインの父」十河信二総裁(2/2)

昭和31(1956)年11月19日、この日戦後初めてとなる夜行特急列車「あさかぜ」号が走り始めました。 2-1.雷が落ちる 十河総裁も、この1番列車に乗り込みました。ところが、雷が落ちます。企画した広島鉄道管理局の瀧山はこう書いています。 総裁は、初列車に乗って西下された。大いに喜んでいただけただろうと、広島駅でお迎えすると、いきなり大きな雷を落とされた。客車便所の急造の腰掛が便器と形が合っていない、というのである。”品川検車区の所管でして”と言い訳しても、総裁には通じなかった。 同じ列車で一往復した石井昭正常務理事も、関係者を集めると「なんだ、このお粗末な車両は!これでは特急の名に値しない。すぐに「あさかぜ」専用の新しい車両を作るように!」と叱りつけます。 2-2.新しい寝台客車を作れ 島技師長から直接薫陶を受け、当時ヨーロッパ帰りの若き技術者であった後の副技師長、星 晃が苦労して設計した新しい客車(10系)は、この一言で一蹴されてしまいました。 しかし、もっと大きな構想を内に秘めていた星は、「これでもともと考えていた自分の構想を叶えられる!」と考えて逆境をバネに変えます。さっそく、盟友の卯之木十三(車両設計事務所次長)と全く新しい寝台客車の開発を始めました。 2-3.優美なデザイン この20系客車には、ハイライトが幾つかありますが、その一つにこの時初めてデザインそのものを列車の特徴としたことが挙げられます。特に、食堂車は製造を担当した日本車両と日立のそれぞれで独自のデザインとなり、とりわけ日立製は画期的なものとなって話題になりました。 興味深いことに、星副技師長は雑誌「鉄道ピクトリアル」の中で、そもそもデザイナーを立てることは十河総裁からの指示であったと書かれています。 さらに、青15号(藍色)の塗色については、星がヨーロッパの寝台車が青色であり、青色だといかにも静かに眠って行ける感じがするのでとても感じが良いと提案しました。帯の色(クリーム1号)やその位置なども星副技師長と国鉄設計チームが考え、島技師長はじめ磯崎営業局長(当時)も賛成しました。 こうして、その運転開始から約2年後の昭和33(1958)年10月1日、後にその優美なデザインでブームを引き起こした「ブルートレイン」と呼ばれる20系寝台客車が「あさかぜ」号として初登場したのです。 COQTEZ Shop @ Amazon   まとめ:十河総裁と島技師長と国鉄ブルートレイン   画像: CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1323770 「十河信二」 十河信二傅刊行会 「新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語」 髙橋団吉著 deco 鉄道ピクトリアル 2005年7月号 「星 晃氏に伺う 20系客車誕生とその時代」

コラム:「ブルートレインの父」十河信二総裁(1/2)

これまでのストーリー(国鉄の歴史)で「新幹線の父」として描かれている十河総裁と、ブルートレインとの間には一見何のつながりもないように思われるかもしれません。ところが、歴史を紐解くと意外なことに十河総裁はブルートレインの父でもあるのです。 1-1.内部の反対 十河総裁が就任されてから約1年後の昭和31(1956)年11月19日、東海道線(東京~大阪間)の全線電化が完成しました。 それをきっかけに、東京~博多間を直通する特急列車を走らせようということになりました。この夜行寝台特急を企画したのは、広島鉄道管理局の瀧山養(まもる)で、そこに後の鉄道研究所所長で当時門司鉄道管理局長だった篠原武司が応援に加わりました。ところが、大阪を深夜に素通りすることになるため、国鉄内部からの反対にあいました。 瀧山は後にこう書いています。 私が広鉄局長の時、東京~博多間の夜行特急を企画して本社に伺いをたてたが、営業担当の役員から、”大阪を深夜に通るようなことは非常識だ”と罵倒され、また職員局から”大阪駅を徹夜にすると、定員が三十七人増える”と反対された。 1-2.十河総裁の介入 しかし、瀧山と篠原は粘りました。では大阪駅に停車せず、貨物線を通過させてはどうか?と考えました。 この提案を聞いた十河総裁は、 おもしろい案だから、やってみろ。 とおっしゃいます。 1-3.特急「あさかぜ」の誕生 当初、この夜行特急の名称候補は「ふじ」でした。しかし、夜行なので富士は見えません。夢の中で富士山をイメージするより、翌朝のさわやかな風のほうが良いのでは?ということで石井常務理事が「あさかぜ」はどうかと提案します。 これに十河総裁も 早起きは大事じゃからな。さわやかでいいじゃないか。 と賛成したので決定となりました。 というわけで、十河総裁がいらっしゃらなければ、国鉄内部からの反対を押し切れずに「あさかぜ」号は誕生しなかったかもしれません。そう考えると、十河総裁は「ブルートレインの父」でもあるのです。 COQTEZ Shop @ Amazon   コラム:「ブルートレインの父」十河総裁(2/2)   アイキャッチ画像: 写真撮影 - 星 晃 / 「新幹線を作った男 島秀雄物語」 高橋団吉著 小学館 p.235 より 「十河信二」 十河信二傅刊行会 「新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語」 髙橋団吉著 deco 鉄道ピクトリアル 2005年7月号 「星 晃氏に伺う 20系客車誕生とその時代」

Recent posts

Popular categories