アメリカ

ハーヴェイ・ガールズ物語(1)

ハーヴェイ・ガールズ アメリカで1946年に公開された「ハーヴェイ・ガールズ」という映画があります。主演は、1939年のミュージカル映画『オズの魔法使』で有名なジュディ・ガーランド(Judy Garland)。残念ながら日本では劇場未公開だった作品です(DVD はあります)。この記事を書いている時点で76年も前のものなので、ご存じの方はむしろ少ないかもしれません。 舞台となった時代は日本でいう明治期、19世紀末。ジュディ・ガーランド演じるスーザンは「ハーヴェイ・ハウス」と呼ばれるレストランでウェイトレスとして働く若い女性たちに混じってアリゾナ州のとある駅に大陸横断鉄道の汽車に乗って向かうところから物語は始まります。 ハーヴェイ・ハウス この「ハーヴェイ・ハウス(Harvey House)」。実は、今ではごく当たり前になった、いくつもの加盟店を運営する形のフランチャイズ・ビジネスをアメリカで初めて作り上げた、当時としては非常に画期的なレストラン&ホテルチェーンでした。 創業者は、アメリカに移住してきたイギリス人、フレッド・ハーヴェイ(Fred Harvey)。1876年にその最初のレストランがオープンしたハーヴェイ・ハウスは、昔の日本もそうでしたがアメリカも「女性は外で働くのではなく、家を守るのが当たり前」だった時代に若い女性を積極的にスタッフとして雇い入れたことが事業の大成功につながりました。彼女たちは親しみと敬意を込めて「ハーヴェイ・ガールズ」と呼ばれ、荒くれ者が闊歩するアメリカ開拓期の西部を「文明化した」(civilized the wild west) とも評価されます。 映画の物語 スーザンの旅の目的は、広告を見て知り合っただけの、まだ会ったことがない相手と結婚するためでした。当然彼女は不安な気持ちもありましたが、その相手の男性から届いた美しい文章の手紙を思い返しながら期待に胸を膨らませていました。 ところが、会ってみるとその男性はイメージと全然違う老人で、しかも彼にはあまり結婚したいという気持ちがなかったために結婚は白紙になってしまいました。しかも、スーザンがときめいた手紙を書いたのはその男性ではなく何とネッドという別の人だったのです。 結婚がなくなったスーザンは、結局ハーヴェイ・ハウスでウェイトレスとして働くことになるのですが、彼女は代筆をしたネッドに苛立ちながらも徐々に惹かれ...。 続きは是非DVDをご覧になってみてください。 しかし、西部開拓時代のアメリカを「文明化した」と絶賛されるほどのレストラン&ホテルチェーンはどのように作り上げられ、なぜ「ハーヴェイ・ガールズ」がそれほどまでに評価されたのでしょうか。 アイキャッチ画像: From “HARVEY HOUSES OF NEW MEXICO” by Rosa Walston Latimer, © Rosa Walston Latimer.

コラム:十河信二とアメリカ(4)

マシュー博士邸滞在の後に十河がお世話になったのは、郊外の小さな鉄道会社の実態を調査するために向かったロチェスターのスミス医師ご夫妻のお宅でした。ここでも、十河は家族の一員として手厚くもてなされました。 そして、さらにその後当時米国最大の製鉄会社であったU.S.スチールの重役オースティン氏のニュージャージーにあった家で2か月居候をすることになりました。 4-1.民主主義のコツ 十河は、ある日ダルトン・プラン(自学自習を重んじる教育法)を実践している小学校を見学しました。そこで子供たちは自分の意思で自由に絵を描いたり、本を読んだり、玩具をいじって遊んだりしていました。そばにいるのに何もしていない先生を不思議に思った十河は、先生はなにをするのか尋ねます。その返事を聞いて、民主主義のコツはここにあるのだと納得しました。 この学校の先生が一番むずかしい。こうやって自由にさせているうちに子供の性格やら才能やらを発見し、それを育成してゆくのだから容易じゃない。この方式の欠陥はよい先生を得ることが困難だということなのです。 4-2.日本は何を求めているのか 十河が行った別の小学校では、歴史の授業を見せてもらいました。そこでは、先生と生徒の間でこんなやりとりがされました。 「今フランスからお客が来ているが誰か」 「ジョフレーであります。ジョフレーはアメリカから兵隊と武器弾薬を供給してほしいといっています」 「よろしい、イギリスからは誰が来ているか。その使命は」 「バルフォアであります。兵隊とお金と武器弾薬とがほしいそうです」 「日本から誰が来ているか」 「石井菊次郎大使です」 「なにしに来たか」 「石井大使はきのうサンフランシスコに上陸したばかりでまだわかりません」 そこで、一人の生徒がこう言います。 先生そこに日本のお客がいますが、日本がなにを求めているのか聞いて下さい。 十河は石井大使の訪米の目的を把握していたわけではなかったので躊躇していましたが、促されてこのように話します。 日本は兵隊もいらない、武器もいらない、お金もいらない、日本のほしいものはアメリカの友情である。 その場は皆の笑いに包まれ、和やかな空気が流れました。 4-3.留学から得たもの 十河はこうした1年間のアメリカ留学を振り返って、こう語りました。 人情に国境はないといっても、よくもこうやさしく、いたわりの心持をもって導いてくれるものだと幾度感激したかわからぬほどであります。教養の高い人達には人種的偏見というものがありません。すべての人に平等であり、常に愛情に生きているということをしみじみと体験しました。 <完> COQTEZ Shop @ Amazon   アイキャッチ画像:日本から贈られたワシントンD.C.の桜、By 'Matthew G. Bisanz, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9891443 「十河信二」 十河信二傅刊行会 「別冊 十河信二」 十河信二傅刊行会 「不屈の春雷(上) 十河信二とその時代」 牧 久著 ウェッジ 「夢の超特急ひかり号が走った 十河信二伝」 つだゆみ著 西日本出版社 「有法子 十河信二自伝」 十河信二著 ウェッジ文庫

コラム:十河信二とアメリカ(3)

大正6(1917)年の十河のアメリカ留学で滞在先として紹介されたのは、ハドソン川に面するヘイスティングス (Hastings-on-Hudson) という小さな町に住むマシュー家でした。 3-1.お国のため 当時50歳だったウィリアム・マシューは、ニューヨーク自然博物館で古生物学部長を務める古生物学者でした。 ある日曜日の朝、十河はマシュー博士に「教会へご一緒したい」と伝えます。すると博士は、 教会へ行ってつまらない牧師の説教を聞くよりは畑を耕して豆でも作ったほうがはるかにお国のためになる といって聞きません。 そんな彼は、その日の午後になると軍人の格好をして銃を担いで出かける準備をします。十河がどこに行くのかと尋ねるとこう答えます。 この街には二千人の職工が働いている工場が二つある。しかもその治安はただ一人の警官によって守られているだけだ。すでに二十歳から四十歳までの男という男はことごとく志願兵になって出征した。街の治安は当然市民が自ら守らなければならない。そこで四十一歳から六十歳までの男が申し合わせて、自らの金で制服、武器を購入し、正規の軍人に依頼して毎日曜の午後訓練を受けることにしている。そうしておれば万一の場合にも役立ち、ことを未然に防止できようというものだ 3-2.砂糖は使わない 子供が3人いるマシュー家の朝は、テーブルを囲んで皆でオートミールやコーヒーをいただきますが、砂糖がつきません。不思議に思った十河が尋ねると、マシュー夫人は 戦場で働く兵隊は糖分が余計に必要。戦場に送る必要があるので、家庭では極力節約するようにしています と答えます。驚いた十河がそれは法律で決められたことなのですか、と聞くと夫人はこう話します。 法律でも規則でもありません。ただ新聞に内務長官の話が出ていたので、市民がその趣旨に留意してそれぞれの家庭で節約しているだけです 十河にとってマシュー家で見聞きしたことは何もかも驚きの連続で、愛国心は日本人独特のものだと思い込んでいた自分が恥ずかしくなったと後に書いています。深い感銘を受けた十河のアメリカ人に対する見方は一変しました。 3-3.忘れ物 その後、オンタリオ湖に近いロチェスターに滞在していた十河のもとに、マシュー夫人から「部屋を掃除していたら忘れ物があったのでお送りしました」と書かれた一通の手紙と共に小包が届きました。そこには、ごみ箱に捨てたはずの穴の開いた靴下がきちんと洗濯され、修繕されて入っていたのです。 十河は深く感謝し、夫人に手紙でこう書き送りました。 有難くもったいなくてこの靴下ははけません。東京に持ち帰りいつまでも記念にいたします COQTEZ Shop @ Amazon   アイキャッチ画像:マシュー夫人、「不屈の春雷(上) 十河信二とその時代」 牧 久著 ウェッジ p.162 「十河信二」 十河信二傅刊行会 「別冊 十河信二」 十河信二傅刊行会 「不屈の春雷(上) 十河信二とその時代」 牧 久著 ウェッジ 「夢の超特急ひかり号が走った 十河信二伝」 つだゆみ著 西日本出版社 「有法子 十河信二自伝」 十河信二著 ウェッジ文庫

コラム:十河信二とアメリカ(2)

十河信二は自身の米国留学について、出発前に友人たちへ本当の目的をこのように話しました。 自分はなにかしら将来米国と戦争にでもまるようなことがありはしないかという予感がしてならない。その時にどうしたらよいかということを研究するのが、真目的である 留学前の十河は、アメリカ国民の多くはお金と物にしか興味がなくて愛国心などはないのではないかと想像していました。また、女性たちは贅沢で威張ってばかりいるのではないかとも思っていました。とはいえ、その考えが正しいのかどうか、自分の目でアメリカ人の家庭生活や信仰態度などを確かめようとしたのです。 2-1.英語力 十河信二は中学生の頃、登校前に早起きしてアメリカ帰りの先生の家で英語を学んだおかげで語学には強くなりましたが、留学生活を送るとなるとやはり現地で英語教師が必要となりました。そして、訪れたニューヨークのYMCA本部で十河に一人の女性が紹介されます。 2-2.ジュヌヴィエーヴ・コールフィールド 紹介されたのは Genevieve Caulfield という、コロンビア大学出身の当時29歳の盲目の女性でした。彼女は14歳のときに病気のために失明してしまいましたが、特別扱いされることを拒んでふつうの人として生活し、記者をしながら日本人に英語を教えていました。そして日本の歴史にとても詳しいことに、十河も大変驚いたといいます。 十河は、コールフィールド女史に下宿先を紹介してほしいと頼みました。すると彼女は十河にこう尋ねます。 「アメリカ女性のファースト・インプレッションはいかがですか?」 「アメリカ女性の立居振舞は嫌いだ。静かな日本女性とは比較にならない」 「大嫌いだというファースト・インプレッションには責任を感じます。あなたが大好きになりそうな家庭を紹介しましょう」 こうして、十河はとある博物学専攻の博士の家にお世話になることになりました。  2-3.絆 コールフィールド女史は後に英語教師として来日し、日本人女性を養子に迎えました。さらにその後80歳を過ぎてもタイやベトナムに渡り盲学校を設立するなど、晩年になっても大変聡明で活発な活動をなさいました。それは大正12 (1923) 年に関東大震災が発生したときにちょうど日本にいて、彼女がタイの留学生を世話したことがきっかけでした。 昭和43 (1968) 年1月のことです。サイゴンから女史の手紙を受け取った十河は、その直後に北ベトナム軍が大攻撃を開始したというニュースを聞いて慌てて電話で安否を確かめさせました。すると、偶然その前日にバンコクに向けて旅立っていたということを知り、十河は「神様の御加護だ」と喜びました。 COQTEZ Shop @ Amazon   「十河信二」 十河信二傅刊行会 「別冊 十河信二」 十河信二傅刊行会 「不屈の春雷(上) 十河信二とその時代」 牧 久著 ウェッジ 「夢の超特急ひかり号が走った 十河信二伝」 つだゆみ著 西日本出版社 「有法子 十河信二自伝」 十河信二著 ウェッジ文庫

コラム:十河信二とアメリカ(1)

後に第4代国鉄総裁となる十河信二は、鉄道院経理局勤務時代の大正6(1917)年、鉄道事業の研究を主な目的として米国に1年留学することになりました。 1-1.YMCA年次総会 十河は、ニューヨークに着くとホームステイ先の相談のため、YMCAの本部を訪ねました。訪問はちょうどお昼時だったため、食事に招かれ近くのホテルに行ったところ、ちょうどそこでは各国の代表者が集まってそれぞれが報告を行うYMCAの年次総会が行われていました。十河は、そこで突然ある代表から「そこに日本からお客さんが来ているようだから、なにかお話を願いたい」と振られます。 1-2.初めての英語演説 人前で英語で話したことなどそれまで一度もない十河ははじめ断りますが、賛成の拍手が鳴り止まず覚悟を決めて演壇に立ちます。 私は交通機関に従事しているものであります。交通機関の使命は旅客、貨物を輸送するということになっておりますが、本当の使命はそういうことだけではなくて、思想や文明を交流せしめるということでなければならぬと信じております。この席上皆さんから世界各国の社会、経済、文化等に関する生きた報告を伺う機会を与えていただ(き)、感謝に堪えない次第であります。 4,5分の話でしたが、途中何度かつかえて和英辞書を引きながらだったにも関わらず、その場にいた誰一人として笑ったり、窮地に追い込むようなことを言ったりする人はいませんでした。 1-3.ニューヨーク・セントラル鉄道   話を終えて冷や汗を拭く十河に、一人の老紳士が近づきこう話しかけました。 君の話を聞いて実に敬服した。君は鉄道人であるそうだが、自分も同業だ。自分はニューヨーク・セントラル鉄道の副総裁であるが是非自分の鉄道も見てほしい。 総会後、副総裁は十河の手を堅く握り、親切にいたわるようにして自分の車に乗せ、グランドセントラル駅にあった本社に連れて行きました。そして、そこで幹部を自室に呼び集め、十河に便宜をはかるようにと指示しました。さらに、その日から十河の部屋を用意し、パスまで発行してくれたのです。 十河は後に、「いかにも事務的でありながら、そこには慈愛が溢れてい(た)」と書き、示された善意に大変感謝しています。 それから96年後の平成25(2013)年3月19日、十河のレリーフが新幹線19番ホームにある東京駅と、この歴史の舞台となったグランド・セントラル駅が姉妹駅となりました。これも何かのご縁なのかもしれません。 COQTEZ Shop @ Amazon   「別冊 十河信二」 十河信二傅刊行会 「夢の超特急ひかり号が走った 十河信二伝」 つだゆみ著 西日本出版社

私見:アメリカでの「ブルートレイン」の知名度

1985年2月、翌月に引退する東京-大阪を結ぶ夜行寝台急行「銀河」号の20系客車の写真を撮りに大船駅に行った小学5年生の私ですが、そのすぐ後に衝撃的な知らせが飛び込んできました。 東洋経済オンライン「「公園のブルトレ」修復に取り組む社長の熱意」 Yahoo! ニュース ヘッドライン 1.父のアメリカ駐在 当時、私の父は松下通信工業(現パナソニック)に勤めていました。大船駅の写真撮影から1ヶ月ほど経ったある日、父の海外赴任が決まったというのです。駐在先は、米国カリフォルニア州ロサンゼルス郊外にあるオフィス。父は辞令が出たのですぐに赴くことになり、母と姉と小学6年生になったばかりの私も、夏休みまでに家財をまとめて引っ越すことになりました。 そんなわけで、急遽数ヶ月間でしたが英会話教室に通うことに。その頃は、小学校で習うのはローマ字だけでしたから、英語なんてまったくちんぷんかんぷんです。まさか自分が日本を離れて生活することになるとは夢にも思っていなかったので、本当にショックでした。しかし、何よりも一番がっかりしたのは、国鉄の列車に乗る機会がほとんどなくなることでした。 2.ロサンゼルスと鉄道 しかも、今でこそロサンゼルス中心部には、日本製の車両が走る Metro (路面電車)や在来線を使った通勤列車 "Metro Link" などが充実してきましたが、1985年当時はほぼ完全に車社会。鉄道そのものに触れる機会が激減してしまいました。私の中で、何でこんな鉄道とまったく縁のないところに連れてこられたのだろう、と正直恨めしい気持ちがあったのも事実です。 そんなロサンゼルスも、実は19世紀末~20世紀初頭の日本でいう明治~大正期頃は市内はもとより郊外まで続く電車(汽車ではない)ネットワーク網が張り巡らされていたという事実は、意外と知られていません。私も、父の転勤について行った頃はそんな歴史を知らずに、近所の使われなくなった貨物線の線路を見ながら「ここに電車が走ったら良いな~」とか考えていました。まさにその線路の上を今からさかのぼること100年くらい前に赤い電車が行き交っていたことを私が知ったのは、恥ずかしながらまだ数年前の話です。 3.What is "Blue Train"? 1985年当時も、すでにロサンゼルスなどの米国の大都市圏の小中高校には、海外から移民してくる子供たちが現地で育った子たちの英語力に追いつくための ESL (English as Second Language 略)クラスというものがあり、私も高校生になるまでそこで4年ほどかけて追いかけました。 アメリカに引っ越してしばらくたった、まだ小学6年生の頃のある日。ESLのクラスにいる子供たちが、通常クラスの子供たちの前に立って、自分たちの母国について質問に答えるという場がありました。私もクラス生徒の前に立って、日本についての質問を受けました。 「何で日本はそんなに地震が多いんだ?」 「ニンジャってまだいるのか?ゲイシャはどうだ?」 「フジヤマってどれほど高いんだ?」 「Bullet train (弾丸列車、新幹線のこと)ってどんだけ速いんだ?」 とかそんな質問を受けましたが、今でもとても鮮明に記憶に残る質問は、 「ブルートレインって何だ?」 というものです。ブルートレインが、海外で日本という国レベルの代表的なものの一つとみなされるほどの知名度を持っているのか、としみじみ感じました。 さて、当時ロサンゼルス地域で「世界最大の電気鉄道」を自称していた Pacific Electric とは、いったいどんな鉄道だったのでしょうか。次回から、その歴史を取り上げて行こうと思います。

Recent posts

Popular categories